交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊髄損傷の方の健康と運動

リハビリテーションで獲得した日常生活動作能力を維持するため、また健やかな気分転換という点でも、運動や手芸などの趣味を持ちましょう。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

特に運動は、身体機能だけでなく体力の維持、また生活習慣病を予防するためにも最適です。

激しい運動ではなく、手軽に出来る体操やストレッチをしてみましょう。

地域社会への参加のためにも、地域で活動しているクラブを探して参加するのも、とても良い方法ですね。

車いすを使用している障害者の方の中には、アーチェリー、車いすバスケット、車いすマラソン、車いすテニス等のクラブに参加している方も少なくないようです。

運動をする際は、無理のない範囲で行ないましょう。

 

脊髄損傷の方の解決事例

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP