交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊髄損傷の方の車いすの選び方

脊髄損傷を負った方にとって、車いすは日常生活に欠かせないものになります。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

体に合わない車いすを利用すると転倒などの危険がありますし、無理な姿勢を強いられることでストレスにもなります。

使う人に合った車いすを選ぶことが大切です。

車いすの上で身体を捻ったり手を伸ばしたりと、多少動かしてもひっくり返らない安定性が重要です。

また、無理のない姿勢で座れなければ長時間乗っていられません。

正しい姿勢を取れるように、車いすの微調整を行ないましょう。

使う人の年齢、性格、生活スタイルによって、適切な車いすは異なります。

長時間座っていても苦痛に感じないか、転倒しにくいか、楽に速く動けるかなど、いくつかの視点でじっくり考えて選びましょう。

脊髄損傷の方の解決事例

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP