交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊髄損傷の方の車いすの操作方法

車いすを乗りこなすことができれば、日常生活の活動の範囲はグッと広がります。

そのためにも、適切で効率的な操作方法を身につけましょう。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談


1.前に進むとき

まずはしっかり前進できるようになりましょう。

車いすをこぐ動作は3段階あります。「プッシュ」「休み」「準備」です。

ハンドリム(タイヤの外側にある輪っか)を握ります。

このとき、右手は前の方、左手は後ろの方、といったようにバラバラな位置で手をあてると上手にこぐことはできません。

位置は左右ともに後ろの方でそろえましょう。

そこから、手のひらにグッと力をこめ、タイヤを前方向にプッシュするように回します。

プッシュの後は、一旦肩の力を抜いて休みます。

自転車をこぐときのことを想像してください。

何回かこいだ後は、足を動かさなくてもしばらく前に進みますよね。

車いすも同じです。

しっかりプッシュすれば、ハンドリムから手を離しても車いすは前に進みます。

休みを入れることで体力を温存でき、車いすを長時間こぎ続けることが出来るようになります。

2.後ろに進むとき

少し後ろに進めるようになると、狭い場所で車いすを操作するうえで役立ちます。

体を起こして正しい姿勢をとります。

まっすぐ後ろへ進むために視線は遠くを見るようにします。

ハンドリムの前方を握り、左右同時に後ろへプッシュします。

このとき、肩の力を使って大きくこぎましょう。

3.停止するとき

止まりたい場所で、しっかり止まれるようになりましょう。

止まる前に体を起こし、正しい姿勢をとります。ハンドリムをしっかり握ります。

急に止まるとバランスを崩しやすく危険ですので、少しずつ減速して、目標地点で止まれるようにしましょう。

 

4.方向を変えたいとき

車いすが停止している状態で向きを変えます。

2つの方法があります。

ここでは例として右に曲がりたい場合における方法をご紹介します。

ピポットターン…右のタイヤを止めた状態で、左のタイヤを後方へプッシュします。

押し引き同時ターン…右手をハンドリムの前の方にあて、左手は後ろの方に当てます。

右手は後ろに引き、左手は前にプッシュします。

 

5.走りながら方向を変えたいとき

ここでも例として右に曲がりたい場合における方法をご紹介します。

曲がりたい地点の2mくらい手前でこぐのを止め、タイヤを勢いだけで転がします。

体を起こし、右手をハンドリムにあてます。

左手は膝の上やハンドレストに置いてください。

スピードが出ているときにハンドリムに手を強くあてると、摩擦で痛くなってしまいますので注意が必要です。

 

脊髄損傷の方の解決事例

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP