交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

仙髄神経残存徴候

頚髄横断面において仙髄へ遠心路、仙髄からの求心路が最外側に位置しているので、最も損傷を受けにくく、また最初に回復する部であるといわれています。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

仙髄神経機能が存在している場合は、完全麻痺のように見えても完全ではなく不完全麻痺であり、麻痺の回復が期待できます。

仙髄神経残存徴候とは、仙髄反射は含まれて折らず、肛門周辺の感覚残存と肛門括約筋の随意運動存在のことをさしています。

 

脊髄損傷の方の解決事例

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP