交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

前方脱臼型頚髄損傷

頚椎への屈曲・回旋外力による損傷で椎体が前方へ転位します。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

後方靭帯群断裂、椎間板損傷を伴い、残存しているのは前縦靭帯だけであることが多い。

椎間板と靭帯の軟部損傷が主体であり、胸腰椎部とは異なり椎体骨折の合併はまれとなっています。

 

脊髄損傷の方の解決事例

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP