交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

胸・腰椎損傷 圧迫骨折

椎体の圧迫骨折は、交通事故などで大きな外力が加わって生じることもありますが、骨粗鬆症の高齢者がしりもちをついたりして生じることが多くなっています。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

単純Ⅹ線画像では椎体後壁の損傷がはっきりと見えないこともあり、CTやMRIを用いて診断します。

治療は保存療法が一般的で、安静にして骨がくっつくのを待ちます。

特に高齢者の場合は安静にしている間に下肢の筋力が低下し寝たきりになるおそれがあるため、早期からリハビリテーションを開始することが大切です。

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP