交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

フランケル分類

可能なADLの程度を考えたうえで脊髄損傷を分類したものとして、フランケル分類というものがあります。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子


脊髄損傷の患者さんがどの程度まで回復する見込みかを評価する場合に広く用いられています。


A:障害高位以下の運動感覚の完全麻痺
B:感覚がある程度保たれ、運動は完全麻痺
C:運動機能はある程度保たれるが実用にならない
D:実用になる運動機能が保たれ下肢の運動可で補助具の要否にかかわらず歩行可能
E:神経症状はなく、筋力低下、感覚障害、排尿、便障害もない。反射異常はあってもよい。

どんな些細なご質問でも、誠心誠意お答えしたく思っておりますので、無料メール相談はこちらから、ぜひお気軽にお問合せください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP