交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

骨折の合併症

骨折をしたときに起こりうる合併症には様々なものがあります。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

骨折したときに神経を損傷してしまったり、折れた骨の端に圧迫され、神経が麻痺することがあります。

開放骨折の場合、皮膚、腱、筋、靭帯などの損傷を合併しているケースが多くあります。

また、閉鎖骨折の場合でも血流傷害が起こり、数日後に皮膚が壊死してしまうこともあり注意が必要です。

血管損傷、血行障害を合併することもあります。

発見や対処が遅れると組織が壊死してしまうことがあり、注意が必要です。

内臓の損傷を伴うこともあります。肋骨骨折の場合、気胸や血胸を生じることがあります。

骨盤骨折の場合、膀胱など尿路の損傷を合併しやすいため、尿検査が重要です。

 

交通事故の外傷豆知識に戻る

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP