交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

骨折の固定

骨折の固定方法にはいくつかの種類があります。

皮膚の外から骨折部を固定する外固定では、絆創膏固定、アルフェンスシーネ(アルミ板)固定、ギプス包帯固定などが行われます。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

中でも最もしっかりと固定できるのがギプスです。

従来の石膏ギプスに加え、最近ではプラスティック製のギプス固定もあります。

長時間の固定は関節拘縮、筋萎縮、筋力低下を招くため、骨の状態をみつつ、できるだけ早く除去する必要があります。

骨折の中枢と抹消の骨片に螺子やピンを刺入し、その双方を固定器やセメントで固定し、骨片部位を固定するのが創外固定です。開放性骨折の場合によく用いられます。

 

交通事故の外傷豆知識に戻る

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP