交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

開放骨折の治療

開放骨折の場合は、皮膚や軟部組織の損傷を伴っているうえ、折れた骨が皮膚を突き破っているため感染の危険も高く、迅速に適切な処置をすることが必要です。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

麻酔をかけたうえで、創を十分に洗浄し、損傷した軟部組織を切除します。感染の予防のため、抗菌薬の投与も行われます。

受傷後6~8週間経過以前に創を十分に洗浄することが出来れば、感染の予防が出来ます。

皮膚の欠損がある場合は、植皮を行って創を閉鎖します。

 

交通事故の外傷豆知識に戻る

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP