交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脱臼の分類

脱臼は、受傷原因によって次のような分類がされています。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談


○ 先天性脱臼

出生前後に発生する脱臼です。代表的なものに先天性股関節脱臼があります。

 

○ 後天性脱臼

怪我などにより、後天的に発生する脱臼です。
更に細かく分類されています。

1. 外傷性脱臼

怪我による脱臼です。関節部に強い外力が加わって脱臼したものをいいます。骨折を伴っていることも多く、その場合は脱臼骨折といいます。

2.反復性脱臼

外傷性脱臼の際に損傷した軟部組織の修復が不十分などの原因で、軽微な外力で簡単に脱臼を繰り返してしまう状態です。

3. 随意性脱臼

意識的に自分で脱臼させることができるものをいいます。先天的に関節が柔らかい若年者に多くみられます。

4.病的脱臼

関節そのものが、なんらかの病的状態にあるため、骨が破壊されたり貯留液のために関節包が拡大されたために脱臼するものや、関節周囲の筋が緊張したり弛緩したりして脱臼するものをいいます。

 

交通事故の外傷豆知識に戻る

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP