交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

捻挫の分類

捻挫とは、靭帯などの軟部組織が損傷を受けたが、関節面相互の適合性は保たれている状態をいいます。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

交通事故やスポーツなどで関節に外力が加わり、正常な可動域を超えて動かされた場合に起こります。

症状としては、痛み、晴れが主なものとして挙げられます。また、受傷後時間が経つにつれて、皮下出血が生じることもあります。

靭帯がどの程度損傷されているかによって分類されます。

Ⅰ度:靭帯は伸ばされたがほとんど損傷はなく、関節の不安定性がないもの。

Ⅱ度:靭帯の部分断裂で、軽度の関節不安定性があるもの。

Ⅲ度:靭帯の完全断裂で明らかな関節不安定性があるもの。

 

交通事故の外傷豆知識に戻る

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP