交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

逸失利益の算定

・死亡の場合
年収×(1-生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数

・後遺障害の場合
年収×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

 

通勤災害認定事例 注目

中間利息の控除とは、被害者が将来取得したであろう収入を死亡(後遺障害の場合は症状固定)時点における金額に引き直すための計算です。      

 

基礎収入について

逸失利益の算定の基礎となる収入は、原則として事故前の収入を基礎とします。
将来、事故前の収入額以上を得られる可能性があり立証が出来れば、その金額で計算となります。

給与所得者の場合、事故前の収入が基礎となります。

若年労働者(事故時30歳未満)の場合には、学生との均衡もあり、原則として全年齢平均賃金センサスを用います。

 

労働能力喪失期間について

交通事故による損害賠償の対象となる「後遺障害」とは、交通事故による傷害の治療が終了したときに残ってしまったその傷害と相当因果関係があり、かつ、将来においても回復困難と見込まれる精神的または身体的な毀損状態であって、その存在が医学的に認められ、労働能力の喪失を伴うものをいいます。

労働能力喪失の期間は、原則として、被害者の稼動上限年齢(通常67歳)まで永続するものとして扱われ、その期間の逸失利益が算定されます。

症状固定時の年齢が67歳を超える方については、原則として簡易生命表の平均余命の2分の1を労働能力喪失期間とします。

症状固定時から67歳までの年数が簡易生命表の平均余命の2分の1より短くなる方の労働能力喪失期間は、原則として簡易生命表の平均余命の2分の1を労働能力喪失期間とします。

障害の内容や部位、被害者の方の年齢等によって期間が短くなることもあります。


例えば、むちうち損傷では、12級の場合期間5年ないし10年、14級の場合期間3年ないし5年で算定されます。

骨折などの場合で12級6号や12級7号などの等級認定が得られた場合は、期間20年や期間30年で計算をすることがあります。詳しいことは、当事務所までお気軽にお問合せ下さい。

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

  • 通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

    メール相談

     

    無料相談

    下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

    行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

    おなまえ(必須)

    性別   男性   女性 

    労災関係   業務中   通勤途中   私用中

    年齢(必須) 
    10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

    住所(必須)
    (郵便番号)

    電話番号(必須)
    (半角数字)

    メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
    (半角英数字) 
    メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
    (半角英数字)

    件名

    事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

    ご希望の回答方法   メール  電話

       

    相談内容についてのご注意

    公序良俗に反するもの、他の士業の独占業務として禁止されているものなどへの回答は出来ません。
    また、フォームの必須項目が空欄の場合も回答できない場合があります。

    行政書士・社会保険労務士には守秘義務が定められておりますので、ご安心下さい。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

 

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP