交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

死亡事故慰謝料

生命を失ったこと自体に対する精神的損害が死亡慰謝料です。


被害者が一家の支柱であるか否かかにより、死亡慰謝料の金額が異なっています。

赤い本(東京三弁護士会交通事故処理委員会編「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」)によれば
一家の支柱・・・2,800万円
母親・配偶者・・・2,400万円
その他・・・2,000万円~2,200万円
その他とは、独身の男女、子供、幼児等をいいます。

 

通勤災害認定事例 注目

加害者の故意もしくは重過失

加害者の故意もしくは重過失を考慮して、慰謝料を増額を認めたものがあります。
・無免許運転、酒酔い運転、居眠り運転等
・信号無視、著しい速度違反
・歩行者多数通行中、大型車両
・救護義務違反

交通事故によって胎児を死産することは、「死亡」とは言えません。


この場合、胎児の死産は、母親の傷害についての増額斟酌事由とはなります。

 

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

  • 通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

    メール相談

     

    無料相談

    下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

    行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

    おなまえ(必須)

    性別   男性   女性 

    労災関係   業務中   通勤途中   私用中

    年齢(必須) 
    10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

    住所(必須)
    (郵便番号)

    電話番号(必須)
    (半角数字)

    メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
    (半角英数字) 
    メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
    (半角英数字)

    件名

    事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

    ご希望の回答方法   メール  電話

       

    相談内容についてのご注意

    公序良俗に反するもの、他の士業の独占業務として禁止されているものなどへの回答は出来ません。
    また、フォームの必須項目が空欄の場合も回答できない場合があります。

    行政書士・社会保険労務士には守秘義務が定められておりますので、ご安心下さい。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP