交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

労災保険を請求する場合

業務中や通勤途中に交通事故に遭われた方に、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。

交通事故によるケガ等が業務災害又は通勤災害で、自賠責の支払いに先行して労災保険の給付を希望する場合、所轄労働基準監督署長に第三者行為災害届を提出することで、労災保険の給付を受けることが可能となります。

要件は、交通事故によるケガ等が、業務中又は通勤中に発生したことです。そのため、業務外や通勤経路を外れた場合にケガをしても、原則として給付は受けられません。

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

メール相談

 

無料相談

労災保険と自賠責保険については通達により、原則として自賠責の支払いを労災保険よりも先行させることになっています。ただし、被害者が希望する場合は、自賠責の支払いより労災保険の給付を先に行うこともできます。最終的には被害者の意思が尊重されます。

労災保険の給付を先に行うメリットは、自賠責保険の支払いよりも早く給付があることです。それによって、相手側保険会社と交渉するときに金銭的に余裕ができますので、ゆっくり粘り強く交渉ができます。

また後遺障害の等級が高い等級が取れる傾向にあります。実際に、労働基準監督署の担当官や顧問医が面談して認定をしますので、こちらの訴えを主張しやすくなっています。

ご相談はお電話でも受け付けております。(9~16時)
0533-83-6612までお電話下さい。

下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

電話番号(必須)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   


 

このような方は当事務所に是非御相談ください

通勤災害・業務災害(以後通勤災害等)でお怪我をしたが、現在相手の任意保険で治療されている方。

通勤災害等で労災保険を使って治療をしたいが、会社から申請を断られた方。

通勤災害等でお怪我したが、保険会社が健康保険を使って治療して欲しいとお願いされた方。

事故後会社を退職したので、以前の会社に申請を言えない方。

労災保険での申請は手間が掛る為に、会社に迷惑をかけたくないと思っている方。

事故が通勤途中かどうか迷っている方。

通勤災害等の事故で、自賠責保険から後遺障害等級を認めて頂いたが、労災の障害特別支給金の申請がまだされていない方。

無料メール相談はこちらからどうぞ 

  • 当事務所に依頼されることの利点


  • 当事務所は通勤災害等を全国対応で専門にしています。

    障害認定には労働基準監督署に出来る限り同行しています。

    社会保険労務士が4名いますので、退職後の事などのアドバイスができます。

    障害年金申請もプロがいますので、障害厚生年金・障害基礎年金に該当するかどうかをアドバイスできます。

    会社に言えない方は、当事務所から会社の人事の担当者に御説明させて頂き御納得して頂きます。

    何か些細なことでも悩まれる事は、ご連絡頂ければ対応させて頂いています。

    病院が遠いために、申請書の記入を持参できない場合は、当事務所から病院にお願いして対応させて頂きます。

    会社に申請の迷惑をかけることがなくなります。

 

業務災害または通勤災害なのに、誤って健康保険で病院にかかってしまった場合の手続

健康保険から労災保険切り替え

健康保険から労災保険の切り替え

お仕事でのケガには労災保険使用となります。

労災保険制度では、労働者が業務または通勤が原因で負傷したり病気にかかった場合には、労働者の請求に基づき、治療費の給付などを行っています。

しかし近年、業務または通勤が原因と考えられるにも関わらず、労災保険を使わず、健康保険を使って治療を受ける方が少なくありません。

健康保険は、業務または通勤が原因でない傷病に対して支給されるものです。業務または通勤により負傷し、健康保険を使って病院で治療を受けた場合の治療費は、全額自己負担となってしまいます。

☆業務災害または通勤災害なのに、誤って健康保険で病院にかかってしまった場合の手続

受診した病院に、健康保険から労災保険への切り替えができるかどうかを確認してください。

1.病院が切り替えができない場合

いったん医療費の全額を自己負担したうえで、労災保険に請求することになります。

全国健康保険協会へ、業務災害または通勤災害である旨を申し出てください。その後、負傷原因報告書を記入し、全国健康保険協会へ提出します。

全国健康保険協会から医療費返納の通知と納付書がお手元に届きますので、お近くの金融機関で返納金をお支払ください。

返納金の領収書と病院に支払った窓口一部負担金の領収書を添えて、労災保険の様式第7号(業務災害用)または様式第16号の5(通勤災害用)を記入し、労働基準監督署へ医療費の請求をします。

備考1.外傷性のケガの場合は、全国健康保険協会で業務上か通勤災害であるかどうかを判断するため、本人から申し出がない場合でも、負傷原因報告書の記入をお願いすることがあります。

備考2.医療機関から診療報酬明細書(レセプト)が全国健康保険協会に届くまでに2~3か月程度かかるため、本人に納付書が送付されるまでに時間がかかることがあります。

備考3.労災請求の際にレセプトの写しが必要になる場合があります。請求の際に労働基準監督署にご確認ください。

2.病院が切り替えができる場合

病院の窓口で支払った金額が返還されます。

労災保険の様式第5号(業務災害用)または様式第16号の3(通勤災害用)の請求書を受診した病院に提出してください。

尚、平成29年から健康保険を労災保険に切り替える簡便な方法が出来るようになりました。当事務所でも1件、手続きをしました。

ご相談はお電話でも受け付けております。(9~16時)
0533-83-6612までお電話下さい。
賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

労災保険Q&A 

相談事例1.仕事中または通勤途中にけがをしたのに、「元請けに迷惑がかかるから健康k保険で治療するように」と会社から言われました。どうしたらよいでしょうか?

回答です1.仕事中または通勤途中のケガでは健康保険は使えません。会社が認めてくれなくても労災保険の請求はできますので、労働基準監督署にご相談ください。

 

相談事例2.病院での過去の治療分を労災保険に切り替えることができなかったとしても、治療継続中の場合は今後の分だけでも労災に切り替えた方が良いですか?

回答です2.健康保険から労災保険の切り替え手続きには時間がかかる場合がありますので、今後の分だけでも必ず切り替え手続きをしてください。

 

相談事例3.薬局で薬を受け取っている場合も、健康保険から労災保険に切り替えができますか?

回答です3.薬局で薬を受け取っている場合も、かかった費用は労災保険で補償されます。忘れずに病院と同様の切り替え手続きを行ってください。

 

相談事例4.請負契約に基づいて働いていますが、細かな指揮監督を受けているなど、就労の実態が会社で働いている一般の労働者と同様である場合であっても、労災保険からの給付はされないのでしょうか?

回答です4.契約の形式にかかわらず、就労の実態が「労働者」に当たると判断される場合には、労災保険から給付がされます。災害が起きた場合には、労働基準監督署にご相談ください。

まだ間に合いますよ

通勤災害・業務災害の事故に遭い、自賠責の後遺障害の等級が認定され、民事上の示談がお済の方で、まだ労災保険の障害特別支給金等の申請をされてない方は、まだ申請が間に合います。

障害特別支給金、傷病特別支給金、遺族特別支給金、ボーナス特別支給金の申請期限は、治療終了後5年となっています。

今回、治療終了後4年6か月経った方の障害給付の申請を行いました。第三者行為災害届け、障害給付申請書などの書類の作成、勤務先から給与明細、賞与明細などの取り付けも行いました。 障害認定の際の労働基準監督署の同行も実施させていただきました。

まだ間に合う方は当事務所まで至急お問い合わせ下さい。

労災保険によるアフターケア

通勤災害・業務災害の事故に遭い、ケガや病気で療養されている方は、そのケガや病気が治った後も、再発や後遺障害に伴う新たな病気を防ぐため、労災指定医療機関でアフターケア(診察や保健指導、検査など)を無料で受診することができます。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP