交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

後遺障害の等級認定

これ以上治療を続けても症状が改善しないということになりますと、症状固定になります。そうしましたら、主治医の先生と良く相談して、後遺障害診断書を書いてもらいます。

主治医の先生から後遺障害診断書の説明が無い場合は、そのことについて一度主治医の先生と記入を相談してみてください。

むちうち症などの場合は、後遺障害診断書記入について消極的な主治医の先生もいますが、申請をすると14級が認められる場合もかなりあります。

ぜひ、診断書記入のお願いをしてみてください。後遺障害診断書の用紙は、相手側任意保険会社から取り寄せることになります。

後遺障害とは、精神的、身体的な障害が残り、治療してもこれ以上の改善が望めない状態をいいます。後遺障害の認定を受けるのは、医師から症状固定の診断を受けた後ということになります。

症状固定と後遺障害認定の時期

後遺障害は、精神的、身体的毀損状態が将来においても回復困難と見込まれる場合、つまり、障害が残り、これ以上治療をしても改善が望めない状態をいいます。

相当の治療期間を経て、これ以上の治療効果が認められないことを「症状固定」といい、後遺障害の認定を受けるのは、医師から症状固定の診断を受けた後ということになります。

症状固定と診断されるのは、通常事故後6か月以上経過後とされています。

無料メール相談はこちらからどうぞ 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

症状固定と診断されるのは、通常事故後6か月以上経過後とされています。

主治医の先生が後遺障害診断書を記入してくれましたら、その診断書を保険会社経由で損害保険料率算定会の調査事務所に提出し、等級の認定をして貰います。

また、自分自身で書類をそろえて直接、自賠責保険会社へ請求する被害者請求という方法もあります。
一般的には、自賠責で認定した等級に任意保険も従うことになっています。

認定された等級が自分の主張と少しでも違っていた場合は、「後遺障害の認定等級に対する異議申立書」を任意保険会社経由または自賠責保険会社に提出することになります。

当事務所では、有料にてこの業務を承っております。これまでの例では、認められることが数多くあります。 異議申し立てについてはここを参照して下さい。

後遺障害の等級認定 後遺障害の認定

後遺障害に対する自賠責保険金給付を受けるにあたっては、損害保険料率算出機構の調査事務所による等級認定を受ける必要があります。

認定手続には、加害者が任意保険に入っている場合に任意保険会社経由でなされる事前認定と、被害者の直接請求によってなされる認定(被害者請求)とがあります。

自賠責保険においては、等級表の中に規定されていない障害であっても、表示されている障害と同程度に相当すると考えられるものは等級が認定されます。

また、むち打ち症等自覚症状があって他覚症状で異常が認められない場合でも、後遺障害14級が認められる場合があります。

7級12号 外貌に著しい醜状を残す事例

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP