交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故のむち打ち症

むち打ち症は、頭部に外力が加わり急激に振られたことによって、頭頸部症状を引き起こしているものです。むち打ち症、頚椎捻挫、頚部捻挫などと呼ばれることがあります。

症状としては首の痛みや不快感が多く、その他の症状は、原因や外力の大きさ、元々の頚椎の状態などにより、人によって異なります。受傷直後に症状が出ていなくても、数時間してから、または翌朝になって現れることも多いようです。

上記の急性期症状とは別に、慢性症状として、首の痛みや頭痛、めまい、手足のしびれ、耳鳴り、吐き気など様々なものがあります。

むち打ち症が疑われる場合、MRIなどの画像診断、ジャクソンテストやスパーリングテストなどの神経学的検査、徒手筋力検査などが行われます。

むち打ち症と関連する傷病として、頚椎損傷、頚椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、胸郭出口症候群などがありますが、これらは加齢や体質的素因によって発症する場合も多く、交通外傷との因果関係の立証が難しい場合もあります。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

むちうち症状の場合

むちうち症状は、軽度のものからかなり重度なものまであり、自覚症状のみを中心とするものもあります。

自覚症状のみで他覚的所見がない場合でも、一定の症状があり、生活面に影響があるときは後遺障害が認められることがあります。

当事務所では、治療を6ヶ月以上継続して行い、症状固定後も痛みやしびれがある場合は、14級が認められると考えています。

ここで諦めるか異議申立をするかをよく考えてみてください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

異議申立ての仕方

 

むち打ち症の損害賠償

むち打ち症は他覚的所見に乏しく、痛みやしびれなどは自覚症状として表れるだけなので、損害賠償や後遺障害認定にあたって問題となることがあります。

このような場合、症状経過や医師の診断及び治療経過、MRIなどの画像、神経学的検査等の結果などが勘案されます。

また、主たる症状が自覚症状なので、妥当な治療期間についても問題になりがちです。一般的にはおおむね2~3ヶ月程度の期間が相当とされていますが、これはあくまでも目安であり、ある程度重篤なものについては6ヶ月以上の治療期間を要する場合も少なくありません。

むち打ち症の後遺障害としては、14級9号「局部に神経症状を残すもの」、12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」のふたつがあります。

痛みやしびれといった異常所見と症状との間に整合性があれば、14級が認められるケースが多く、また、障害の存在が医学的に証明された場合には12級が認められることとなります。12級に該当するか否かは、整形外科で様々な検査をし、その結果を基に判断されます。

 

むちうち症で14級獲得の目安

交通事故でむちうち症(頚椎捻挫・腰椎捻挫)になった時、後遺障害14級が認定されるためには次のような目安があります。

① 事故から症状固定までの期間が6か月以上あること

② 実通院日数が50日以上あり、接骨院よりも整形外科の治療日数が多いこと

③ 頚部又は上肢や手指に痛み、重い感じ、だるさ、痺れなどのどれかの症状があること

④ 腰部(臀部を含む)から足、足指にかけて痛み、重い感じ、だるさ、痺れなどいずれかの症状があること

⑤ 画像において異常所見がなくても、自覚症状が初診時から終診時まで連続してあること

むちうち症で後遺障害を獲得するのは困難だというのは間違いです。もし、初回の後遺障害認定で「非該当」になってしまった方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽に、当事務所へお問い合わせください。非該当のお客様を14級獲得に導いた事案を多数取り扱っております。

頚椎捻挫により14級9号

頚椎捻挫による右肩痛で14級9号

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP