名古屋相談会 武蔵小杉相談会 個別面接相談会開催  交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。  メール相談はこちら 

交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。

 

 

無料キャンペーン実施中! こちら
交通事故無料メール相談

 

無料小冊子はこちらです

 

 

 

 

 

小冊子の申込みはこちら

 

1.示談交渉の流れ

2.損害賠償金額はいくらか

3.行政書士を有効活用

4.自賠責請求は

5.物 損

6.頭を強く打ったとき

7.交通事故関連情報

通勤災害の早分かりシート

松井 宝史
行政書士・社会保険労務士
松井 宝史(たかし)
宮本麻由美
行政書士・社会保険労務士
宮本 麻由美

2.損害賠償金額はいくらか

交通事故被害者相談室

健康保険が損害賠償請求権を行使


交通事故などで被害者が健康保険で医療などを受けた場合、もともと加害者が支払うべきものを健康保険が負担したことになります。そこで健康保険では、その費用を加害者に請求して取りもどすことになります。
つまり、被害者から移った損害賠償請求権を行使(求償)して、健康保険が加害者に損害賠償を請求することになります。
【被害者が健康保険で必要な手続き】
できるだけ早く「第三者の行為による傷病届」を健康保険に提出します。
このとき、(1)交通事故のときは、①自動車安全運転センター事務所の事故証明書、②事故発生状況報告書、③診断書などを、また(2)示談が成立しているときは示談書の写しをそえます。
賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子  メール相談  面接相談



交通事故の無料小冊子
交通事故無料相談フォーム
通勤災害はこちらへ

交通事故Web障害年金Web