交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

健康保険と交通事故

健康保険について

被害者側に過失がある場合は、できるかぎり健康保険を使いましょう。病院側から交通事故による負傷の治療について健康保険の利用をしないように言われても、極力、健康保険を利用したい旨を病院側に申し入れ、健康保険を利用するべきです。

特に過失が大きい場合ほど、健康保険を使わないと被害者に手に入る損害賠償額が少なくなってしまいます。

それは、被害者と加害者との過失割合及び過失相殺の問題が後で影響してくるからです。
過失の割合が大きい被害者は、過失相殺をする時に治療費についてもその過失相殺があるのです。

尚、第三者行為災害届を最寄の年金事務所又は市役所などに提出することが必要です。 第三者行為災害届の記入方法でお困りの方は、是非当事務所までお問い合わせ下さい。 メール相談

 

健康保険と交通事故

交通事故が原因で生じた傷病の治療にかかった医療費の支払いについて、①加害者へ賠償請求をする、②健康保険に対して給付請求をする、の2つのうちどちらを選択するかは、被害者本人の意志により決めるということが前提です。

通常、患者さんから「健康保険を使いたい」と申出があったときは、病院側が申出を拒むことはできません。ただし交通事故ですと加害者が存在するため、通常とは少し異なります。

つまり、その傷病について相手方(加害者側)が損害賠償をすることが可能であるにもかかわらず、健康保険を使用したいと希望するときには、ご加入の健康保険に「第三者行為災害届」という書類を提出しなければなりません。

 

交通事故で健康保険を使うメリット

健康保険を使うメリットをご紹介します。

メリットがあるケースの一つとしては、被害者の過失が大きい事故のケースです。被害者の過失が大きい場合には、加害者や保険会社からの支払額は過失割合に応じて減額されます。すると、加害者側に支払いを求めていた医療費を、被害者自身が一部負担しなければならないケースも生じます。その場合は、相手側の任意保険会社に支払いを約束してから健康保険に切り替えとなります。

また、次のようなケースにも健康保険を使うことになります。
・加害者に満足な賠償能力がなく被害者を救済するにあたって問題がある場合
・ひき逃げなどで加害者が不明な場合

 

自由診療について

自由診療とは、健康保険を使わずに受ける治療で、公的医療保険制度外の診療です。

自由診療での治療費は健康保険の診療報酬を元に計算されます。健康保険診療では診療報酬1点につき10円で計算されています。ところが、自由診療の場合では健康保険の点数の2倍の金額にする病院もあります。

自由診療の治療費は、病院が多く受け取る仕組みとなっています。それが全体の補償額にも影響を及ぼします。そのため、被害者側にも過失がある場合などは、自由診療ではなく健康保険を選ぶほうが断然有利となります。

また、自賠責保険の範囲内では自賠責保険を使い、その範囲を超えた場合健康保険に切り替えることを勧める病院もあります。

被害者の損害賠償請求権が健康保険に移る
健康保険に移る損害賠償の範囲
健康保険が損害賠償請求権を行使

健康保険と交通事故

自由診療と健康保険診療

 

  • 通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

    メール相談

     

    無料相談

    下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

    行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

    おなまえ(必須)

    性別   男性   女性 

    労災関係   業務中   通勤途中   私用中

    年齢(必須) 
    10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

    住所(必須)
    (郵便番号)

    電話番号(必須)
    (半角数字)

    メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
    (半角英数字) 
    メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
    (半角英数字)

    件名

    事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

    ご希望の回答方法   メール  電話

       

    相談内容についてのご注意

    公序良俗に反するもの、他の士業の独占業務として禁止されているものなどへの回答は出来ません。
    また、フォームの必須項目が空欄の場合も回答できない場合があります。

    行政書士・社会保険労務士には守秘義務が定められておりますので、ご安心下さい。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

 

 

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP