名古屋相談会 武蔵小杉相談会 個別面接相談会開催  交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。  メール相談はこちら 

交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。

 

 

無料キャンペーン実施中! こちら
交通事故無料メール相談

 

無料小冊子はこちらです

 

 

 

 

 

小冊子の申込みはこちら

 

1.示談交渉の流れ

2.損害賠償金額はいくらか

3.行政書士を有効活用

4.自賠責請求は

5.物 損

6.頭を強く打ったとき

7.交通事故関連情報

通勤災害の早分かりシート

松井 宝史
行政書士・社会保険労務士
松井 宝史(たかし)
宮本麻由美
行政書士・社会保険労務士
宮本 麻由美

HOME>交通事故による上肢(腕や手)の障害 

2.損害賠償金額はいくらか

交通事故被害者相談室

交通事故による上肢(腕や手)の障害

交通事故によって上肢(腕や手)に後遺障害が残った場合、機能障害、欠損障害及び変形障害に区分されます。等級については、1級、2級、3級、障害手当金となっています。
交通事故に遭った時に厚生年金に加入していた場合と国民年金に加入していた場合で請求できる等級に違いがあります。
 

上肢の障害(1級)

1級に該当する上肢の障害は、3つあります。
1.については、上肢の装具等の補助具を使用しない状態で、日常生活動作においてさじで食事をする、顔を洗う、用便の処置をする、上衣の着脱の動作を行うことが全くできない程度のものをいいます。
その程度としては、両上肢の3大関節(肩、肘、手首の関節)中それぞれ2関節以上の関節が全く用を廃した程度となります。
2.については、基節骨の基部から欠き、その有効長が0センチのものです。つまり中手骨から先が無い場合ということになります。
3.については、指の著しい変形、麻痺による高度の脱力、関節の不良肢位強直、瘢痕による指の埋没又は不良肢位拘縮等により、指があってもそれがないのとほとんど同程度の機能障害があるものをいいます。

無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 

上肢の障害(2級)

2級に該当する上肢の障害は、6つあります。

 

2.については、両上肢のおや指の用を全く廃した程度の障害があり、それに加えて、両上肢のひとさし指又は中指の用を廃した程度の障害があり、そのため両手とも指間に物をはさむことはできても、一指を他指に対立させて物をつまむことができない程度の障害をいいます。
3.については、一上肢の3大関節中いずれか2関節以上の関節が全く用を廃したものです。次のいずれかに該当する程度のものをいいます。
不良肢位で強直しているもの。
関節の最大他動可動域が、健側の他動可動域の2分の1以下に制限され、かつ、筋力が半減以下のもの。
筋力が、著減又は消失しているもの。

無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 

人工骨頭又は人工関節を挿入置換したもの

一上肢の3大関節中1関節以上に人工骨頭又は人工関節を挿入置換したものや両上肢の3大関節中1関節以上にそれぞれ人工骨頭又は人工関節を挿入置換したものは3級と認定されます。
ただし、挿入置換してもなお、1上肢については「1上肢の用を全く廃したもの」程度以上に該当するとき、両上肢については「両上肢の機能に相当程度の障害を残すもの」程度以上に該当するときは、さらに上位等級に認定されます。
無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 

上肢の障害(3級)

3級に該当する上肢の障害は、5つあります。

 

1.については、二関節の自動可動域が健側の自動可動域の2分の1以下に制限されたもの又はこれと同程度の障害を残すもの
(例えば、常時固定装具を必要とする程度の動揺関節)
3.については、指を失ったものとは、おや指については、指節間関節(IP)、その他の指については近位指節間関節(PIP)、以下で欠くものを言います。
3.については、指の用を廃したものとは、指の末節骨の長さの2分の1以上を欠くもの、中手指関節(MP)又は近位指節関節(PIP)(おや指にあっては指節間関節(IP)に著しい運動障害(自動可動域が健側の自動可動域の2分の1以下に制限されたもの)を残すものを言います。
5.については、一上肢に機能障害を残すもの(例えば、一上肢の3大関節中1関節の筋力が半減しているもの)

 

無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 

上肢の障害(障害手当金)

障害手当金に該当する上肢の障害は、8つあります。

 

・関節に著しい機能障害を残すものとは、関節の自動可動域が健側の自動可動域の3分の2以下に制限されたもの又はこれと同程度の障害を残すものをいいます。
・長管状骨に著しい転位変形を残すものとは
上腕骨に変形を残すもの
橈骨又は尺骨に変形を残すもの
変形とは外部から観察できる程度
(15度以上わん曲に不正癒合したもの)
 
無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 
障害年金の無料小冊子無料キャンペーン中です
賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)
 
無料小冊子  メール相談  面接相談


交通事故の無料小冊子
交通事故無料相談フォーム
通勤災害はこちらへ

交通事故Web障害年金Web