名古屋相談会 武蔵小杉相談会 個別面接相談会開催  交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。  メール相談はこちら 

交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。

 

 

無料キャンペーン実施中! こちら
交通事故無料メール相談

 

無料小冊子はこちらです

 

 

 

 

 

小冊子の申込みはこちら

 

1.示談交渉の流れ

2.損害賠償金額はいくらか

3.行政書士を有効活用

4.自賠責請求は

5.物 損

6.頭を強く打ったとき

7.交通事故関連情報

通勤災害の早分かりシート

松井 宝史
行政書士・社会保険労務士
松井 宝史(たかし)
宮本麻由美
行政書士・社会保険労務士
宮本 麻由美

HOME>交通事故による目の障害年金申請

2.損害賠償金額はいくらか

交通事故被害者相談室

交通事故による目の障害年金申請

交通事故によって目に後遺障害が残った場合、視力障害、視野障害またはその他障害に区分されます。等級については、1級、2級、3級、障害手当金となっています。
目の障害の認定の一番難しい点は、初診証明をどのように取るか、ということです。お近くの年金事務所に相談に行く前に当事務所までお問い合わせいただければと思います。
最初に「診断書」を主治医の先生に証明をしてもらってから、初診証明を別の病院で取るという時が一番困ります。
囲碁にも「手順」というものがありますが、目の障害の申請は、この「手順」がとても重要になります。
まずはお気軽に当事務所までお問い合わせください。
 
交通事故に遭った時に厚生年金に加入していた場合と国民年金に加入していた場合で請求できる等級に違いがあります。
無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 

目の障害(1級)

1級に該当する目の障害は、1つあります。

屈折異常のあるものについては、矯正視力により認定します。
矯正視力とは、眼科的に最も適正な常用し得る矯正眼鏡またはコンタクトレンズによって得られた視力をいいます。眼内レンズを挿入したものについては、挿入後の矯正視力により認定します。
両眼の視力とは、それぞれの視力を別々に測定した数値であり、両眼の視力の和とは、それぞれの測定値を合算したものをいいます。
 
無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 

目の障害(2級)

2級に該当する目の障害は、2つあります。
2.については、両眼の視野が5度以内のものをいいます。
無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 

目の障害(3級)

3級に該当する目の障害は、1つあります。
無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 

目の障害(障害手当金)

障害手当金に該当する目の障害は、6つあります。
 
無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 
障害年金の無料小冊子無料キャンペーン中です
賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)
 
無料小冊子  メール相談  面接相談


交通事故の無料小冊子
交通事故無料相談フォーム
通勤災害はこちらへ

交通事故Web障害年金Web