名古屋相談会 武蔵小杉相談会 個別面接相談会開催  交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。  メール相談はこちら 

交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。

 

 

無料キャンペーン実施中! こちら
交通事故無料メール相談

 

無料小冊子はこちらです

 

 

 

 

 

小冊子の申込みはこちら

 

1.示談交渉の流れ

2.損害賠償金額はいくらか

3.行政書士を有効活用

4.自賠責請求は

5.物 損

6.頭を強く打ったとき

7.交通事故関連情報

通勤災害の早分かりシート

松井 宝史
行政書士・社会保険労務士
松井 宝史(たかし)
宮本麻由美
行政書士・社会保険労務士
宮本 麻由美

HOME>交通事故による肢体の機能の障害(脊髄損傷)

2.脊髄損傷で障害年金

交通事故被害者相談室

交通事故による肢体の機能の障害(脊髄損傷)

交通事故によって脊髄損傷等により肢体の機能に後遺障害が残った場合、機能障害、変形障害に区分されます。等級については、1級、2級、3級となっています。
障害の程度は、四肢の麻痺、関節可動域、排尿障害、排便障害、筋力、巧緻性、速さ、耐久性を考慮し、日常生活における動作の状態から身体機能を総合的に認定されます。
交通事故に遭った時に厚生年金に加入していた場合と国民年金に加入していた場合で請求できる等級に違いがあります。

無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら

交通事故による肢体の機能の障害(脊髄損傷)(1級)

1級に該当する体幹・脊柱の機能の障害(脊髄損傷)は、2つあります。
用を全く廃したものとは、日常生活における動作のすべてが「一人で全くできない場合」またはこれに近い状態をいいます。
機能に相当程度の障害を残すものとは、日常生活における動作の多くが「一人で全くできない場合」または日常生活における動作のほとんどが「一人でできるが非常に不自由な場合」をいいます。
無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 

交通事故による肢体の機能の障害(脊髄損傷)2級)

2級に該当する体幹・脊柱の機能の障害(脊髄損傷)は、2つあります。
機能障害を残すものとは、日常生活における動作の一部が「一人で全くできない場合」またはほとんどが「一人でできてもやや不自由な場合」をいいます。

無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 

交通事故による肢体の機能の障害(脊髄損傷)(3級)

3級に該当する体幹・脊柱の機能の障害(脊髄損傷)は、1つあります。
 
無料メール相談はこちらからどうぞ。メール相談はこちら 
障害年金の無料小冊子無料キャンペーン中です
賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)
 
無料小冊子  メール相談  面接相談


交通事故の無料小冊子
交通事故無料相談フォーム
通勤災害はこちらへ

交通事故Web障害年金Web