交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

高次脳機能障害とは

交通事故などにより脳に損傷を負った場合、次のような症状が出ることがあります。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

◇物の置き場所を忘れる、新しいできごとを覚えられないなどの記憶障害

◇ぼんやりしていて、ミスが多い、ふたつのことを同時に行うと混乱するなどの注意障害

◇人に指示してもらわないと何もできないなどの遂行機能障害

◇思い通りにならないと、大声を出す、興奮する、暴力を振るうなどの社会的行動障害

これらの症状により、日常生活または社会生活に制約がある状態が「高次脳機能障害」です。

従来は事故によって頭部を受傷し、認知障害や人格変性が生じたとしても、CTやMRIなどの画像で脳実質に血腫、挫傷痕などの異常が見られない場合は認められにくい状態でした。

ところが、近年脳に対する損傷の加わり方から頭部外傷を分類し、脳損傷を局在損傷とびまん性脳損傷に区分する学説が公表されました。

脳表面の形態的異常を画像によって確認できないにもかかわらず、明確に脳損傷による障害が生じることを認識させる「びまん性脳損傷」の存在にご注意ください。

無料メール相談はこちらからどうぞ 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

交通事故による脳外傷による高次脳機能障害

交通事故により脳が損傷された場合、下記のような症状が発生することがあります。

記憶・記銘力障害、集中力障害、遂行機能障害、判断力低下などの認知障害や、感情易変、不機嫌、攻撃性、暴言・暴力、幼稚、羞恥心の低下、多弁(饒舌)、自発性・活動性の低下、病的嫉妬、被害妄想などの人格変化等です。

そして、仕事や日常生活に支障を来します。
また、半身の運動麻痺や起立・歩行の不安定などの神経症状を伴うケースもあります。

自賠責保険では、脳外傷による高次脳機能障害であると認定されれば、その症状に応じ、自動車損害賠償保障法施行令別表第一および別表第二に定める後遺障害等級のいずれかに該当するものとして、取り扱っています。

その際、高次脳機能障害に合併した運動マヒなどの神経症状も十分に考慮されます。 後遺障害診断書とは別に「神経系統の障害に関する医学的意見」という書類も主治医の先生に書いてもらうことになります。

軽症の場合でも認定される可能性が多くなってきています。等級の認定を諦めずに頑張りましょう。当事務所でもお手伝いをさせていただいています。

小児の場合の症状固定時期の考え方

高次脳機能障害の被害者が学齢期前の小児の場合、小学校・中学校と進むうちに、社会的適応に問題があることが明らかになることで、被害者に有利な等級認定が可能となる場合もあります。

小児の場合の事故の等級申請については、社会的適応障害の判断が可能となる時期まで後遺障害等級認定を待つという考え方もあります。

これは、自賠責保険の調査事務所も推奨しています。

子供のころに受傷した場合、少なくとも中学生になるまでは後遺障害の申請をするのは見合わせた方がいいと思います。 ご心配の方は当事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。

脳機能の客観的把握(画像診断について)

脳の器質的損傷の判断にあたっては、従前と同じくCT、MRIが有用な資料であると考えられています。

ただし、これらの画像も急性期から亜急性期の適切な時期において撮影されることが重要です。

尚、CT、MRIで異常所見が得られていない場合に、拡散テンソル画像(DTI)、fMRI、MRスペクトロスコピー、PETで異常が認められたとしても、それらのみでは、脳損傷の有無、認知・行動面の症状と脳損傷の因果関係あるいは障害程度を確定的に示すことはできない、とされました。

MRI撮影も事故から2週間以内に一度は撮影をされることをお勧めします。

無料メール相談はこちらからどうぞ 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。
交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 行政書士・社会保険労務士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

電話番号(必須)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

メール相談

電話回答の方が良いと判断した場合は、電話を差し上げさせていただくこともあります。

相談内容についてのご注意

公序良俗に反するもの、他の士業の独占業務として禁止されているものなどへの回答は出来ません。
また、下記フォームの必須項目が空欄の場合も回答できない場合があります。

行政書士・社会保険労務士には守秘義務が定められておりますので、ご安心下さい。
( 行政書士法第12条 社会保険労務士法第27条の2 )

高次脳機能障害リハビリテーション

高次脳機能障害のリハビリテーションは、高次脳機能障害の改善を目的としたリハビリテーション治療・支援のことをいいます。

高次脳機能リハビリテーションで大切なことは、単に失われた高次脳機能を取り戻すことだけではなく、患者さん一人一人がこの先どのようにして生きていくのかを考え、職業や社会、地域に適応し、もう一度人生の意味を見出すことです。

例えば愛知県で言えば、名古屋市総合リハビリテーションセンターを受診されることをお勧めします。

脳挫傷による高次脳機能障害により2級1号

無料メール相談はこちらからどうぞ 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

ご相談はお電話でも受け付けております。(9~16時)
0533-83-6612までお電話下さい。電話はこちらへ

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP