個別面接相談会開催  交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。  メール相談はこちら  
交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。
無料キャンペーン実施中!こちら 交通事故無料メール相談

1.脊髄損傷について

2.脊髄損傷の分類

4.高位診断

5.機能障害

6.麻痺の分類

7.脊髄損傷による後遺障害

8.等級別損害賠償額

9.訓練・看護

10.リハビリテーション

11.合併症

12.住宅改造

13.尿路障害

15.障害年金の給付

16.筋力トレーニング

17.車いす

1.脊髄損傷について

脊髄損傷の豆知識

排痰法

患者さんはベッドや車いすに座ります。ベッドの柵や車いすのアームレストやバックレストをつかみながら、上半身を前に倒して痰を出します。出にくい場合は、空いた方の手で胸をトントンと叩いたり、腹部を押さえながら出そうとするといいでしょう。
介助により痰を出す場合は、患者さんの咳のリズムに合わせて介助者が胸や腹部を押します。
また、患者さんの体位を定期的に変えましょう。これにより、気道に溜まった痰が気道の中で移動し、痰が出やすくなります。水分を十分にとったり、加湿器を使って喉を潤すと、痰が出やすくなります。
喫煙が習慣の患者さんであれば、禁煙を心がけましょう。喫煙は痰の量を増やし、呼吸器に悪影響を与えます。
日ごろから痰の様子を観察し、量や色に変化があらわれたり、熱が出た場合は早めに医師に相談しましょう。
自己管理支援に戻る
脊髄損傷の方の解決事例
労災保険(通勤災害)の認定事例
せき髄損傷に係るアフターケア
賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)無料キャンペーン中



交通事故無料小冊子申し込み
通勤災害はこちらへ

交通事故Web