交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊髄損傷の筋肉の痙攣

脊髄損傷の場合、麻痺している部分の腱反射が進んでしまうと、皮膚に受けた刺激(皮膚の壊死や化膿など)や、内臓に受けた刺激(便秘や尿路感染など)に対して筋肉が痙攣してしまいます。

患者さんの意思では止められないものなので、痙攣の程度にもよりますが、日常生活をスムーズに行えなくなってしまいます。

痙攣を抑えるためには、原因となっている刺激を取り除く必要があります。

また、温熱療法などで治療することもあります。

それでも痙攣が治まらず頻繁に起きてしまう場合は、薬物治療やブロック注射を行います。重い場合には手術を行うこともあります。

自己管理支援に戻る

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

 

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。
交通事故についての無料相談をお待ちしています。

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

メールアドレス(必須) 
(半角英数字) 

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

   

 

相談内容についてのご注意

公序良俗に反するもの、他の士業の独占業務として禁止されているものなどへの回答は出来ません。
また、フォームの必須項目が空欄の場合も回答できない場合があります。

行政書士・社会保険労務士には守秘義務が定められておりますので、ご安心下さい。

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

障害厚生年金・障害手当金

排尿排便障害

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP