個別面接相談会開催  交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。  メール相談はこちら  
交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。
無料キャンペーン実施中!こちら 交通事故無料メール相談

1.脊髄損傷について

2.脊髄損傷の分類

4.高位診断

5.機能障害

6.麻痺の分類

7.脊髄損傷による後遺障害

8.等級別損害賠償額

9.訓練・看護

10.リハビリテーション

11.合併症

12.住宅改造

13.尿路障害

15.障害年金の給付

16.筋力トレーニング

17.車いす

1.脊髄損傷について

脊髄損傷の豆知識

呼吸器の管理

頚髄を損傷してしまうと、呼吸に欠かせない筋肉が麻痺し、呼吸が弱くなります。損傷部位がC5以下の場合は、横隔膜の機能が保たれるため日常生活では支障はありません。
ただし、肋間筋や腹筋の低下で吐き出す力が弱くなるため、咳が出そうでも咳き込みにくくなってしまいます。肺の機能も悪化するため痰が多くなるのですが、咳き込む力が弱いため痰が肺の中に溜まりやすくなってしまいます。これにより、痰から細菌に感染して肺炎などを生じてしまうことがあります。
呼吸機能が低下したまま放っておくと、さらに悪くなってしまいます。呼吸筋をトレーニングしたり、排痰法を覚え、残った機能を悪化させないように注意しましょう。
自己管理支援に戻る
脊髄損傷の方の解決事例
労災保険(通勤災害)の認定事例
せき髄損傷に係るアフターケア
賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)無料キャンペーン中




交通事故無料小冊子申し込み
通勤災害はこちらへ

交通事故Web