交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊髄損傷の原因

脊椎を骨折あるいは脱臼してしまったときにズレた骨、又は椎間板、靭帯等が脊髄を圧迫している状態や、脊柱管狭窄症により脊髄が圧迫されている状態で、脊髄損傷が生じます。

脊髄損傷はとても重い障害です。障害の内容や程度にもよりますが、車いすを利用することになったり、介助なしでは生活できなくなったりと、生活ががらりと変わります。

そのため早期発見、早期治療が肝心です。治療後、リハビリテーションをすることも欠かせません。

脊髄損傷と住環境に戻る

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

 

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。
交通事故についての無料相談をお待ちしています。

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

メールアドレス(必須) 
(半角英数字) 

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

   

 

相談内容についてのご注意

公序良俗に反するもの、他の士業の独占業務として禁止されているものなどへの回答は出来ません。
また、フォームの必須項目が空欄の場合も回答できない場合があります。

行政書士・社会保険労務士には守秘義務が定められておりますので、ご安心下さい。

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

障害厚生年金・障害手当金

排尿排便障害

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP