個別面接相談会開催  交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。  メール相談はこちら  
交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。
無料キャンペーン実施中!こちら 交通事故無料メール相談

1.脊髄損傷について

2.脊髄損傷の分類

4.高位診断

5.機能障害

6.麻痺の分類

7.脊髄損傷による後遺障害

8.等級別損害賠償額

9.訓練・看護

10.リハビリテーション

11.合併症

12.住宅改造

13.尿路障害

15.障害年金の給付

16.筋力トレーニング

17.車いす

1.脊髄損傷について

脊髄損傷の豆知識

脊髄損傷と住環境

脊髄損傷が生じてしまうと、中枢神経が傷つけられた状態ですので、脳から体の各部分への命令が伝わらなくなってしまいます。
そのため、知覚や運動の機能等に障害や麻痺が生じます。損傷が生じた部位により、障害の内容や程度が異なり、ADL(日常生活に必要な動作がどの程度できるか)も異なります。重い損傷ですと、ADLは全介助となります。ADLの程度により、自宅を介助しやすい環境にリフォームする必要が生じます。
また、損傷が生じた部位によっては、直腸や膀胱の機能に障害が生じます。排泄がうまくできず失禁することもあるため、患者さんは精神的にもショックを受けます。
住環境を整えるだけでなく、家族や周りの人の精神的なサポートも大切です。
脊髄損傷の原因
脊髄損傷のリハビリテーション
脊髄損傷の生活上の障害・配慮
頸髄損傷
胸髄損傷
出入り口
トイレ
浴室
腰髄損傷の方の福祉住環境
脊髄損傷の方の解決事例
労災保険(通勤災害)の認定事例
せき髄損傷に係るアフターケア
メール相談はこちらから
賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)無料キャンペーン中




交通事故無料小冊子申し込み
通勤災害はこちらへ

交通事故Web