交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故では非該当、労災保険で12級獲得事例

交通事故では非該当、労災保険で12級獲得となった事例をご紹介します。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

E様 20歳代 男性(神奈川県)

E様からは交通事故のご相談を頂いており、関係資料を送付していただいておりました。通勤途中の事故で、労災申請は未提出でした。また、ご相談いただいた時には事故から1年10ヶ月が経過していました。

傷病名は、腰部・頚部捻挫・末梢神経障害です。

問題点
① 交通事故の後遺障害は非該当でした。
② 事故後退職を余儀なくされ、症状固定(1年10ヶ月)働けない状態でしたが、休業損害は47日しか給付されていませんでした。

労災申請手続
① 休業損害を事故日から症状固定日(630日)の期間請求申請しました。
② 自賠責保険では非該当でしたが、障害給付の請求申請しました。

結果
労災の後遺障害等級12級となる。したがって以下の金額が給付されました。
① 休業損害
休業給付・・給付日額(約1万円)×(630日-40日=590日)×0.6
3,540,000円
② 休業特別支給金・・給付日額(約1万円)×(630日-3日)×0.2
1, 254,000円
③ 障害給付・・給付日額(約1万円)×156日(後遺障害12級の日数)
1, 560,000円
④ 障害特別支給金
200,000円
労災給付の合計額
6,554,000円

交通事故の後遺障害が取れなかった場合、又休業損害が少なかった場合などは、労災請求すれば認められる可能性があります。会社を退職しても、労災申請はできますのであきらめないで下さい。

当事務所(社会保険労務士法人愛知労務)は全国の労災申請を行っております。ぜひお気軽にご相談ください。

交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP