交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

後遺障害14級で後遺障害75万円と提示された事例

後遺障害14級で後遺障害75万円と提示された事例をご紹介します。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

T様 30歳代 男性(愛媛県)

T様は頚椎捻挫で14級9号に認定されました。

保険会社から損害賠償のご案内が送られてきた時点で、慰謝料はこの金額で妥当なのか、後遺障害が75万円となっており、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の明細がないがどうなっているのか、というご質問を頂きました。

当事務所まで「損害賠償金提示のご案内」のコピーと、事故前年の年収が分かる「源泉徴収票」のコピーを送って頂きました。

保険会社からの提示額を見直し、源泉徴収票の年収をもとに後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料を裁判所基準で計算してみました。T様にご連絡し、まだ金額にかなり差があり増額が見込めるということで、ご依頼を頂きました。

保険会社との1回目の交渉で、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の具体的な数字を提示していただきました。
続いて2回目の交渉で後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間5年を獲得、3回目の交渉で慰謝料、後遺障害慰謝料も各々30万円程の増額を獲得しました。

T様にもご満足頂くことができ、無事示談となりました。

保険会社によっては、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の明細を出してこないところもあります。そのような時にはぜひ一度ご相談ください。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP