交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

左橈骨骨幹部骨折、橈骨皮神経麻痺で14級9号から12級13号獲得事例

左橈骨骨幹部骨折、橈骨皮神経麻痺で14級9号から12級13号獲得事例をご紹介します。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子


S様 40歳代 男性(静岡県)

S様は、左手首の骨折と神経麻痺で後遺障害14級9号と認定されましたが、仕事をしている時左手で物を持つことが困難で、持ったとき落としてしまうこともあるということで、より上の等級が認められないだろうかということでご相談を頂きました。

後遺障害診断書と等級認定票を拝見し、S様とご相談し、12級13号を目指して異議申立をしていこうという運びになりご依頼を頂きました。

主治医の先生に、医師の意見書と橈骨皮神経麻痺の状態についてご教示頂く依頼状を作成させて頂きました。

主治医の先生も快く証明して下さりましたので、当事務所で異議申立書を作成し、医師の意見書を添えて申請を致しました。

約2ヵ月後に異議申立の結果が出てきましたが、等級は相変わらず14級9号のままでした。

S様も時間がかかってもいいので再申請をしたいということで、紛争処理機構に診査をお願いすることにしました。S様と十分に打ち合わせをしながら、申請書類一式を作成させて頂きました。

申請してから4ヶ月ほど経った頃、S様から嬉しいお電話を頂きました。紛争処理機構の審査の結果、12級13号が認定されました。

その後は損害賠償請求書等を作成させて頂き、保険会社との3回の交渉の後、S様にご満足いただける賠償金を獲得することができました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP