交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

右大腿骨顆上骨折により13級の解決事例

右大腿骨顆上骨折により13級の解決事例をご紹介いたします。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

H様 40歳代 男性

H様は、右大腿骨顆上骨折により、右足が左足に比べて1cm以上短縮し、13級8号に認定されました。

保険会社から金額の提示があり、念のため一度点検して欲しいということでメールにてご相談を頂きました。

H様から損害賠償額の案内と後遺障害診断書、等級認定票のコピーを郵送して頂きました。治療は1年3ヶ月かかっており、入院は73日、通院日数は30日となっていました。

右大腿骨顆上骨折は、膝の少し上の骨折で、あまりみかけない骨折です。

慰謝料と後遺障害慰謝料が赤本(裁判所基準)と比べてかなり低い金額の提示でしたので、当事務所で損害賠償請求書等を作成させていただき、交渉のお手伝いを進めていきました。

3回ほど書類を作成して、赤本基準の90%の数字まできましたので、H様にもご満足頂き、示談となりました。

交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP