交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

距骨の骨軟骨骨折で14級9号から12級13号を獲得した事例

距骨の骨軟骨骨折で14級9号から12級13号を獲得した事例です。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

S様 40歳代 男性

S様は、原付バイクを運転中、赤信号で停車しているところに青信号で右折してきた自動車にぶつけられて事故に遭われました。

右距骨骨軟骨骨折、右腓骨筋腱脱臼のお怪我をされ、関節鏡での手術を受けました。

後遺障害の申請をしたところ、14級9号という結果になり、異議申立をしたいということで、S様からご相談を頂きました。

当事務所で内容を検討したところ、かなり痛みが残っているようでしたので、異議申立をすれば12級13号が取れるのではという判断となりました。

S様から正式にご依頼を頂き、主治医の先生に距骨骨軟骨骨折のステージ分類についてご教示頂く書類を作成致しました。

また、レントゲンフィルムでは骨軟骨の状態が写っていませんでしたので、「関節鏡テープ」を異議申立に添付して提出しました。

3か月ほどで、12級13号の認定結果となりました、という嬉しいご報告をSさまより頂きました。

その後は、損害賠償請求書等の書類作成をお手伝いさせて頂き、3回の交渉で、当初の提示金額より約4倍の額での解決となりました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP