交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

骨盤骨折 異議申立で12級13号を獲得した解決事例

骨盤骨折 異議申立で12級13号を獲得した解決事例をご紹介いたします。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

M様 40歳代男性

M様は、自動車事故同士の事故で股関節脱臼骨折(骨盤粉砕骨折)のお怪我をされてしまいました。

2年ほど治療をして症状固定とし、後遺障害申請をしたところ、14級9号となりました。

股関節の痛みがかなり残っており、上位の等級が取れる可能性はないでしょうか?ということで、メールを頂きました。

まずは後遺障害診断書と等級認定票のコピーを郵送していただき、拝見しました。

M様の後遺障害診断書を拝見したところ、股関節脱臼骨折(骨盤粉砕骨折)となっています。ダッシュボードに膝をおもいきりぶつけたことで、大腿骨が骨盤からはずれて骨盤粉砕骨折になったと思われます。

M様からご依頼をいただき、主治医の先生に医師の意見書を記入していく文面を考案いたしました。主治医の先生も快く記入してくださり、異議申立を行いました。

それから3ヵ月後に、M様から12級13号に認定されたという嬉しいメールを頂きました。

12級13号に無事認定されたので、損害賠償請求書を作成させていただき、解決までお手伝いさせていただきました。

今回のM様のように、骨盤骨折で股関節の部分に痛みがあるという方は、等級の異議申立をご検討ください。まずはお気軽に、ご相談下さい。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP