交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

外側半月板損傷、後十字靭帯損傷で12級13号解決事例

外側半月板損傷、後十字靭帯損傷で12級13号の解決事例です。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

H様 20歳代 男性(沖縄県)

業務中にバイクで直進中に、左方向から出てきた自動車に跳ねられ負傷したというH様からご相談を頂きました。

左膝の外側半月板損傷、後十字靭帯損傷というお怪我を負ってしまいました。膝のお怪我でしたので入院も67日という長さでした。

後遺障害は、日常生活で正座、あぐら、和式トイレの使用などに困っており、日常生活において常に痛みがあるということで12級13号となりました。(膝の可動域制限は右膝と比べて4分の3以下にはなっていませんでした。)

今回の相談でH様が特に気にかけていらっしゃったのは、後遺障害逸失利益の喪失期間が3年となっているが、これは妥当なのかどうかということでした。

当事務所で、損害賠償請求書を作成させていただきました。後遺障害逸失の喪失期間は10年、後遺障害慰謝料は保険会社の主張が100万円となっていたのを、こちらの主張は280万円で作成しました。

保険会社からの1回目の回答は、後遺障害逸失利益の喪失期間は5年、後遺障害慰謝料は130万円までという結果でした。

まだこれでは満足できない、ということで、更にもう2回書類を作成させて頂きました。最終的には喪失期間9年、後遺障害慰謝料230万円となり、H様にも満足していただき、示談となりました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP