交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

頚椎捻挫、異議申立で14級から12級を獲得事例

頚椎捻挫、異議申立で14級から12級を獲得した事例をご紹介します。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

H様 男性(愛知県市)

H様は交通事故で頚椎捻挫のお怪我を負われ、左頚部から肩にかけての痛み、しびれ、左上肢から小指にかけてのしびれによって、後遺障害は14級9号となりました。

H様は首の痛みがひどく、仕事復帰した後も思うように仕事ができない状態でした。そこで、より上の等級である12級13号を獲得できないだろうか、というご相談でした。

 

H様から診断書、後遺障害診断書、等級認定票などを送って頂き拝見しました。その書類の中に、総合病院で撮ったMRIの「画像診断報告書」がありました。

「C5椎体は軽度の前方すべりを示しており、C4 /5ディスクの左後方への軽度のヘルニアがある。また、C5/6ディスクには右後方へのヘルニアがあり、神経根の圧迫をしている可能性がある。脊髄内に変性を示唆する異常信号域はない。」と記載されていましたので、主治医の先生に医師の意見書を書いて頂き、MRI 画像を添付して異議申立をしました。

結果は、12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」という認定を取ることができました。H様にも大変喜んでいただくことができ、私共も大変嬉しく思いました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP