交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊髄損傷2級の解決事例

脊髄損傷2級の解決事例

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

N様 10歳代 男性(愛知県)

N様は第11級胸髄節残存以下完全対麻痺という大きな障害を負ってしまわれ、排尿・排便障害も残ってしまいました。

N様のお母様が当事務所の主催する相談会にご参加下さったのは、事故から5か月が経った頃で、今後の事故解決の流れが知りたいというご相談でした。

相談会では、症状固定時期、後遺障害の等級、過失割合、賠償額についてご説明させていただきました。それと併せて20歳前障害の年金のお話もさせていただきました。 

事故から8か月目で、病院の先生から症状固定の書類を書きますよ、というお話がありましたので、「後遺障害診断書」、「脊髄症状判定用」の用紙を先生に書いて頂き、当事務所で記入内容をチェックさせて頂き、相手方保険会社に事前認定を申請しました。

後遺障害の等級は、ご家族の方が思っていたよりもかなり高い等級となり、損害賠償請求書の作成のお手伝いをさせていただきスムーズに示談となりました。

等級が決定するまでの間、N様のお母様からもメンタル的なご相談を頂き、当事務所の方でこまめにコミュニケーションをとらせて頂いたところ、気持ちも落ち着いたというお便りをいただきました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP