交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

右股関節脱臼骨折により14級から12級へ異議申立事例

右股関節脱臼骨折により14級から12級へ異議申立をした事例をご紹介します。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

M様 30歳代 男性(千葉県)

M様は、通勤途中、バイクに乗車中事故にあい、衝突時にバイクが右に倒れ込んだため、右股関節脱臼骨折と臼蓋骨折の怪我を負ってしまいました。

自賠責の事前認定の等級は14級9号となり、M様からもう少し高い等級は取れないかというご相談を頂きました。また、珍しい例ですが、労災保険の等級が自賠責より先に決定し、これも14級ということでした。

M様の右股関節については、可動域制限はほとんどありませんでしたが、歩行時の痛みがかなりあるということで、主治医の先生に意見書を書いて頂き、異議申立を進めました。

また併せて労災保険のほうも、労働保険審査請求書を作成し、審査請求をすることにしました。

労災保険の審査請求は、14級どまりの結果となり、再審査請求は東京まで行く必要があり、増加される予定金額は障害特別支給金の14級と12級の差額12万円ということで、地理的な遠さ、時間もないということで断念することになりました。

M様の自賠責の後遺障害が12級13号となりましたので相手保険会社からの全額の提示を待って、損害賠償請求額を作成させていただきました。

後遺障害逸失利益は喪失期間10年で決着、後遺障害慰謝料は260万円となりました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP