交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

左尺骨茎状突起骨折等、併合11級の方の事例

左尺骨茎状突起骨折等、併合11級の方の事例をご紹介致します。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

Y様 20歳代 男性(東京都) 

保険会社から送られてきた後遺障害等級が妥当なのかどうか、というご相談をY様からいただきました。

ご送付いただいた資料を拝見したところ、左尺骨茎状突起骨折、左手三角軟骨損傷(TFCC)、左小指基節骨頭骨折と診断され、左手関節痛、左小指の可動域制限を残していました。

左尺骨茎状突起骨折に伴う儀関節が残存しており、尺骨の骨端部に癒合不全を残し「前腕骨に著しい変形を残したもの」として第12級8号となっていました。

可動域制限は、4分の3以下には制限されていませんでしたので、12級6号には該当しませんでした。

左小指基節骨頭骨折は、可動域制限が2分の1以下に制限されていましたので、「片方の手の小指が使えなくなったもの」として第13級6号となっていました。

上記併合して11級です。

尺骨に癒合不全を残していましたので、ときどき硬性装具を使用するならば8級というアドバイスをさせて頂きましたが、Y様の場合は装具はしていないということで第12級8号で納得した、というお返事を頂きました。

相手方の保険会社が主張してきた損害賠償額は、後遺障害損害の項目が自賠責の331万円という提示でした。

当事務所の書式にて損害賠償請求書を作成させていただき、保険会社との交渉を3回程したのですが、あと少しのところが上がりません。

そこで交通事故紛争処理センターを使うことにし、当事務所にて書類をすべて用意しサポートさせていただきました。センターの弁護士先生のあっ旋案もY様からご相談いただき、アドバイスをさせていただきました。

  • 通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

    メール相談

     

    無料相談

    下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

    行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

    おなまえ(必須)

    性別   男性   女性 

    労災関係   業務中   通勤途中   私用中

    年齢(必須) 
    10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

    住所(必須)
    (郵便番号)

    電話番号(必須)
    (半角数字)

    メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
    (半角英数字) 
    メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
    (半角英数字)

    件名

    事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

    ご希望の回答方法   メール  電話

       

    相談内容についてのご注意

    公序良俗に反するもの、他の士業の独占業務として禁止されているものなどへの回答は出来ません。
    また、フォームの必須項目が空欄の場合も回答できない場合があります。

    行政書士・社会保険労務士には守秘義務が定められておりますので、ご安心下さい。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP