交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

むち打ち症、異議申立で非該当から14級9号獲得事例

むち打ち症、異議申立で非該当から14級9号獲得事例

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

T様 30歳代 女性(群馬県)

T様からは当事務所の小冊子の申し込みを頂き、それをお読みになって、ご相談を頂きました。

後遺障害が非該当であり不満だが、異議申し立てをして、後遺障害14級が取れそうかどうか、というご相談でした。

後遺障害診断書・等級認定票、保険会社からの損害賠償請求書等を当事務所に送って頂きました。

後遺障害診断書を拝見したところ、病名は、頸部・腰部・右膝部挫傷でした。通院期間は9ヶ月で、通院回数は175回ということで、当事務所の見解としては14級を取れる可能性が高い事例でした。

T様は、現在も頸部・腰部に痛みやつっぱり感があり、仕事においてつらい状態にあることから、後遺障害の異議申し立てをすることにしました。

当事務所の形式にて異議申し立てをし、無事に後遺障害14級09号が認定されました。

後遺障害が認定されたので、後遺障害慰謝料・後遺障害逸失利益が発生してきます。

保険会社に損害賠償請求書を作成して、3回の文書作成業務のお手伝いと、質問・疑問等などはメール等にてその都度お答えしていきました。

結果として、後遺障害非該当のときより、約200万円ほど増額し、無事解決となりました。

後遺障害が非該当の結果で諦めている方はいませんか?非該当と14級とでは、金額に大きな差があります。痛みが続いている方は、一度後遺障害診断書等を当事務所にご送付頂ければと思います。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP