交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

被害者請求した方から異議申立依頼を受け14級獲得事例

被害者請求した方から異議申立依頼を受け14級獲得事例をご紹介します。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

Y様 30歳代 男性(福岡県)

自分自身で後遺障害の被害者請求をしたが、非該当であったというY様から相談を頂きました。

まずは、後遺障害診断書と等級認定表のコピー、それと現在の自覚症状をメモ用紙に書いて頂き、当事務所まで送って頂きました。

後遺障害診断書を拝見したところ、通院期間は10ヶ月、整形外科に97回通っていました。後遺障害診断書の「精神・神経の障害他覚症状および検査結果」の欄は何も記載されていませんでした。

等級認定票についても、後遺障害が非該当と判断された「理由」はたったの6行という内容でした。

ご本人は症状固定後も痛みを訴えられていたため、Y様のご意向もあり、異議申立をすることになりました。

主治医の先生に「医師の意見書」を書いてもらう依頼文を、当事務所の書式にて作成しました。先生も快く書いてくださり、異議申立となりました。医師の意見書には、検査所見などはなく、どのような障害の状態かが記載してありました。

今回も、被害者請求ということで書類を作成させて頂き、2ヵ月後にめでたく14級が認められ、Yさんにも大変喜んでいただくことができました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP