交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

歯の欠損、異議申立で非該当から13級5号を獲得した事例

歯の欠損、異議申立で非該当から13級5号を獲得した事例です。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

S様 40歳代 女性(神奈川県)

S様は交通事故により前歯が3/4以上の欠損が4本あるにも関わらず、後遺障害申請結果が非該当の結果となってしまい、メールにてご相談を頂きました。

異議申し立てを是非したいという希望があり、後遺障害診断書のコピー・後遺障害認定決定通知書のコピーを当事務所に送付していただきました。これらの資料とS様の見解から、異議申し立てをする事にしました。

歯の場合は、自賠責損害保険後遺障害診断書が歯の様式があります。(自賠責19号様式)
それと、当事務所独自の様式を添えて、異議申し立てをしました。

2ヵ月後めでたく遺障害13級05号の認定がおりました。
病院の先生に記入して頂く説明など大変でしたが、ようやく後遺障害がとれてS様も大変喜ばれていました。

歯の場合は(後遺障害13級05号)後遺障害逸失利益は取れないので、後遺障害慰謝料・慰謝料の部分がUPしました。
後遺障害慰謝料180万円・慰謝料108万円を保険会社から頂きました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP