交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

頚椎捻挫、腰椎捻挫、異議申立で非該当から併合14級を獲得した事例

頚椎捻挫、腰椎捻挫、異議申立で非該当から併合14級を獲得した事例です。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

N様 50歳代 男性(千葉県)

N様は、原付バイクに乗っていて右折待ちをしている時に、後ろから自動車に追突されてしまい、お怪我をされました。

頚椎捻挫、腰椎捻挫、右股関節痛がいまだに残っているのに、後遺障害の認定は「該当なし」となったので相談に乗って欲しいというメールを頂きました。

現在の自覚症状としては、仕事でパソコン作業をしていると首から背中にかけて痛みがある。左足大腿部にかけてしびれや痛みがあり、歩くのが困難になる時がある、とのことでした。

ご依頼を頂き、主治医の先生に書いて頂く医師の意見書の文面を考えて作成致しました。先生も快く書いて下さいました。異議申立をした後、調査事務所から医療照会がありました。

その後、1ヶ月ほど経ってN様から併合14級が認定されたという嬉しいご連絡を頂きました。頚椎についても腰椎についても、初診時から痛みが継続していることが認められ、それぞれ14級9号となりました。

非該当から併合14級となりましたので、後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益についても請求することができます。当初の提示金額よりも大幅な増額となり、無事解決となりました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP