交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

外傷性頚椎ヘルニアで14級9号解決事例

外傷性頚椎ヘルニアで14級9号解決事例

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

H様 40歳代 男性(長野県)

H様は、外傷性頚椎ヘルニアで14級9号に認定され、自動車対人賠償の案内が送られてきたが、各々の項目の金額は妥当かどうかということでご相談をいただきました。

念のため、14級9号で妥当かどうか確認するため、後遺障害診断書、等級認定票のコピー、自動車対人賠償の案内をお送り頂き、拝見しました。

頚椎MRIでは神経根の圧迫ありの所見で、異議申立をしてみる甲斐はある事例でそのことをH様にご説明いたしましたが、H様は事故の解決を早くしたいというご希望だったので、異議申立はしないことにしました。

H様からご依頼を頂き、損害賠償請求書等の書類作成をお手伝いさせて頂き、金額の交渉に進みました。2回ほどの交渉を経て、最終的に最初の提示額より150万円程増額しました。H様も無事解決となり、ほっとしたとおっしゃっていただきました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP