交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

外傷性頚部症候群で非該当から14級獲得事例

外傷性頚部症候群で非該当から14級獲得事例をご紹介します。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

M様 30歳代 男性(岐阜県)

M様は、外傷性頚部症候群で後遺障害の申請をしたいというご相談でした。後遺障害の認定結果は非該当となってしまい、M様も異議申立をしたいというご要望でしたので、異議申立の手続をお手伝いさせて頂きました。

主治医の先生に意見書を記入していただきました。後遺障害診断書にも記載されていた内容に加え、神経学的所見と、初診時から続いている症状について書いて下さいました。また、MRI画像の所見と、「星状神経節ブロックを22回施行したが、左上肢痛が残存している」という内容を書いて下さいました。更に、症状固定後も1~2週間おきに星状神経節ブロックをしていることも付け加えられていました。

異議申立書を作成させて頂き、書類を揃えて申請しました。2ヶ月ほどして、M様から14級9号が認定されたという嬉しい報告を頂きました。


交通事故解決事例に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP