交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

むち打ち症認定の原則

 いわゆるむち打ち症の患者さんは、事故から月日が経っても、痛みやしびれ、吐き気、めまいといった神経症状に悩み続けている方が多くいらっしゃいます。

なかなか改善しない症状を抱えていると、後遺障害の等級が認定されるかどうか、というのは大きな問題になってきます。

むち打ち症の場合、14級9号の「局部に神経症状を残すもの」に該当するか、12級13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」に該当するか、それとも非該当なのか、ということになります。

当事務所では、非該当となってしまった被害者の方の異議申立をお手伝いさせて頂き、14級9号を勝ち取った経験が多くあります。

非該当となってしまった方も、痛みや痺れといった症状に苦しまれているのでしたら、ぜひ諦めずに異議申立をすることをおすすめします。

頸椎捻挫により14級9号

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

連絡先:0533-83-6612

後遺障害の等級別賠償金額に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP