交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

膝複合靭帯損傷のご相談

愛知県 I様

相談事例:横断歩道横断中に右折してきた車両にはね飛ばされました。
左膝複合靭帯損傷の怪我を負い、○○日入院、○○日通院しました。

後遺障害14級9号に認定されました。

保険会社より示談金の提示を受けましたが、提示金額に不服があります。
つきましては、示談金額が妥当なのか知りたいです。


回答です:ご相談ありがとうございます。

示談金額の案内のコピーを当事務所までお送り頂ければ、届き次第、計算をしてご連絡させて頂きます。

それと併せて後遺障害診断書、等級認定票のコピーをお送り下さい。等級が妥当か検討してみたいと思います。

左膝複合靭帯損傷を負い、前十字靱帯損傷、後十字靱帯損傷があった場合、後遺障害の等級が12級以上になる可能性があります。

I様は現在、膝に硬性装具などはされていませんでしょうか?膝ががくがくするような症状があれば、異議申し立てをすることをお勧めします。

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP