交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脳挫傷の示談の進め方について

大阪府 L様

相談事例:○月○日に、通勤途中、自転車に乗っていたところ大型バイクと正面衝突してしまいました。

脳挫傷、外傷性くも膜下出血、慢性硬膜下血腫の怪我を負いました。

現在は治療を終了していますが、事故後物忘れがひどく、記憶することが鈍くなったことが気になっています。

今後、どのように示談を進めていったらいいのでしょうか。


回答です:ご相談ありがとうございます。

この度は大変な事故に遭われてしまいましたね。頭のお怪我とのことですので、今後もしばらく様子をみられることをお勧めします。

事故後、物忘れがひどく、記憶力が鈍ったと感じておられるので、高次脳機能障害の可能性があると思います。日常生活状況報告書という用紙をお送りいたしますので、ご家族の方に記入をお願いしてみてください。

ご記入いただけましたら、当事務所まで返送していただければ、高次脳機能障害の可能性がどの程度あるか調べて、ご連絡させて頂きます。

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP