交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

骨折で12級の示談金額について

愛知県 Y様

相談事例:原付バイクにて走行中、トラックと衝突し、怪我をしました。
左足第1末節骨骨折による左足第1指機能障害及び左足の疼痛にて12等級認定を受けました。

保険会社からの金額の提示がありましたが、後遺障害逸失利益の内容に不満があります。
また、私は自営業のため、確定申告の金額を使って計算するのか、賃金センサスを使うのか、よく分かりません。(私は50歳代です。)

また、休業補償についても相談したいと思っています。

回答です:ご相談ありがとうございます。

バイクの事故で骨折まで負ってしまい、大変な目に遭われてしまいましたね。

損害額について具体的に計算してみたいと思いますので、示談金額の案内と後遺障害診断書、等級認定票のコピーを当事務所までお送りいただけますでしょうか?

ご質問の後遺障害逸失利益につきましては、労働能力喪失期間が7年では短いですね。等級認定票を拝見して実際の期間を判断させて頂きたいと思います。

後遺障害逸失利益の年収につきましては、50歳代の自営業の方の場合は、確定申告の年収を使う場合が多くなっています。

休業補償につきましては、事故前年の確定申告書、損益計算書などをお送りいただければ、日額がいくらになるか計算をしてみたいと思います。

書類のご送付、お待ちしております。

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP