交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

慰謝料を増やしたい

東京都 Z様

相談事例:はじめまして。ホームページを拝見し、連絡しました。
自動車と自転車の被害者です。過失割合は、9:1です。

現在、主病院とリハビリ病院に加えて接骨院にも通っています。保存的治療で、週に4~5日くらい通っています。治療費は、健康保険を使っています。

右の鎖骨脱臼骨折という診断と肩の周辺部に痛みがあります。
市の無料相談で相談したところ、後遺症12級5号には当てはまるそうです。
現在学生で、来春から就職します。そのため、逸失利益も出るそうです。

同じような状態をホームページでみたところ慰謝料を多く請求できているため、一度相談してみたいと思い連絡しました。


回答です:ご相談ありがとうございます。

鎖骨脱臼のお怪我をされ、治療も大変かと思います。お大事になさってください。

鎖骨の変形がありますので、鎖骨の変形で12級5号になるかと思います。

また肩の可動域制限があれば(腕が上に挙げにくい)、12級6号になる可能性もあります。

同じ12級でも、5号と6号では、後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間に違いがあります。12級6号の方が期間が長くなりますので、賠償額も多くなります。

場合によってはどちらも取れることがありますので、その時は併合11級となります。

治療終了となりましたら後遺障害診断書を保険会社から取り寄せていただき、主治医の先生に証明をしていただくことになります。

先生が後遺障害診断書を証明してくださいましたら、コピーを当事務所までお送りください。記入漏れがないかどうか、また何級が取れそうか、ご連絡させて頂きます。

また、毎月1回川崎市(武蔵小杉)で無料相談会を開催いたしております。Z様にご参加頂ければ、今後の事故解決を具体的にどのように進めていけばいいのか、お話させて頂きたく思います。ご連絡お待ちしております。

 

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

相談事例Q&Aに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP